GM0クリック証券で口座開設

GM0クリック証券で口座開設を考えている人に必要な情報 - GMOクリック証券チャートのカスタマイズ

最近のコメント

    アーカイブ

    更新情報

    GMOクリック証券チャートのカスタマイズ

    GMOクリック証券の取引用のツールは、パソコン用のものとスマートフォンや携帯電話用のものがあります。パソコンの取引のツールは、大ざっぱに申し上げると3種類あります。

    まず1つ目は、チャートです。テクニカルツールの種類が非常に多く、さまざまなラインを描くためのツールも非常に多いのだそうです。また画面を自由にカスタマイズできるというメリットもあるのだそうです。

    2つ目は、取引を非常にやりやすく行うためのツールです。なおインストールが必要となります。

    これもやはり画面のカスタマイズがやりやすくなっています。そして先ほどのチャートはよりも、「注文」に対して非常に力が入れられているツールとなります。スピーディーに注文ができたり、チャート上で注文ができる機能などもあります。また資金の移動などもできるそうです。

    FX専用の口座にて取引が可能

    そして3つ目のツールは、ツールバーと呼ばれるものです。我々も普段インターネットを用いる時にはツールバーを用いるものですが、そのバーにおいてFXのための様々な有用な情報を表示できるという機能が完備されているのです。

    ざっと大ざっぱには、この3つが現在のGMOクリック証券から公開されている「パソコン用のツール」になります。そのどれもが非常に高機能になっていって、使いやすさにもこだわりが見られるものに仕上がっています。

    スマートフォン版のツールもありますが、ここではパソコン用のものに限定をして説明をさせて頂きたいと思います。

    証券会社は、まず総合口座を作った後でFX専用の口座を作るという手続きを採用しているケースが多いものです。そして総合口座を作る時には、色々と時間がかかってしまう事が多いです。なぜなら、総合口座を作る際には書類のやりとりが発生するからです。中には書類のやりとりが発生しない証券会社もありますが、数が限られています。

    GMOクリック証券で口座開設をする時には、総合口座を持たなくても取引が可能となります。ちなみに、GMOクリック証券の場合は総合口座という呼び方はせず証券取引口座という呼称を用いているようですが。概念としては似ています。

    それでは実際にGMOクリック証券のホームページにアクセスをして口座開設のボタンをクリックしてみましょう。赤いボタンです。

    クリックをすると、ボタンが2つ出てきます。赤いボタンとオレンジ色のボタンになります。

    赤いボタンは上記でいう総合口座に相当するものです。そして、オレンジ色のボタンはFX専用の口座となります。そのどちらか1つを選べば良いわけです。

    MOクリック証券の場合は総合口座を作らなくても、FX専用の口座にて取引が可能になるのだそうです。取引にかかる時間も、FX専用の口座の方が速やかです。総合口座はだいたい2週間ぐらいかかるそうですが、FX専用の口座は早ければ2営業日以内なのだそうです。

    スピーディーにFX取引をするために口座開設を希望するのでしたら、ここではオレンジ色のボタンをクリックするのが妥当という事になります。

    Copyright(C)2014GM0クリック証券で口座開設All Rights Reserved.